メガネとコンタクトの度数換算表!度数の差、違いを解説

 

メガネとコンタクトはともに度数というものがあり、視力検査によって視力に対応したものを装着しているはずです。

しかし

 

  • メガネは眼から一定距離離れたところでかける
  • コンタクトは直接眼に入れてかける

 

といったことで眼からの距離が異なります。

そのためメガネとコンタクトとの度数は同じ視力であっても別物として考えなければいけません。

たとえばよくあるのがコンタクトの度数情報でそのままメガネを購入するということを考える場合もありますが、個人的にはまずおすすめしたくない購入方法といえます。

もちろんメガネの度数でそのままコンタクトを購入するというのも危険なのでやめて欲しいと思います。

 

メガネとコンタクトの度数が違う理由

 

冒頭のようにメガネとコンタクトとではかけるときの眼からの距離が違います。

そのため度数がそれぞれ違ってくるのですが、コンタクト度数のほうがメガネよりも基本的には弱くなるといって良いです。

メガネは眼からの距離がコンタクトよりもあるので、度数をコンタクトよりも強くしなければ十分な視力矯正ができないということです。

 

メガネとコンタクトの度数が同じ!これって正常?

 

逆に処方してもらった度数がメガネとコンタクトでごくごくまれに同じというような場合もあるようです。

後述する表にもありますが、視力がそこまで悪くなければメガネとコンタクトの度数とが同じになることがありますので、その場合には問題ありません。

本人もややおかしいと思って質問されるのでしょうが、結論からいいますと異常と考えて良いと思います。

 

  • コンタクト
  • メガネ

 

のどちらかの度数が過矯正や度数を誤って設定していると考えることができます。

 

  • 遠くが見えないなど見え方が十分でない
  • 近くを見るときにしんどさを感じる
  • 頭痛などの体調異常を感じる

 

というような場合には違和感を感じる度数をもう一度検査で計測してもらうようにしましょう。

購入すぐの場合には保証がきくはずなので、すぐにレンズ交換をしてもらうと良いでしょう。

 

参照

メガネの保証期間!保証期間と交換のよくある質問

 

メガネとコンタクトの度数の調べ方

 

メガネとコンタクトの度数の調べ方についてはいくつか方法があります。

 

  • 保証書で度数の確認をする
  • メガネ屋で度数を調べてもらう

 

メガネ屋にはレンズメーターといった専門の機械がありますので、無料ですぐに調べてもらえます。

眼科でも同様の機械はありますが、診察料がかかるのでまずメガネ屋で十分だと思います。

 

参照

メガネの度数の調べ方!度数の見方も解説

 

メガネのコンタクトの度数の換算表、差、違いを表で解説

 

ではメガネとコンタクトの度数の換算表を表記します。

 

メガネとコンタクトの換算表

 

このように度数が緩いうちはコンタクトもメガネも度数が同じところがありますが、度数が一定以上となるとメガネのほうが度数はきつくなります。

これは上記のように眼とレンズの距離が違うことに原因があります。

特に度数が10付近になればメガネで矯正できる限界がありますが、コンタクトだともう少し限界度数があることがわかります。

ここまでの強度近視の人は数%しかいませんが、ごくごくまれにメガネ屋にこれ以上矯正できませんといわれることもあります。

メガネでは眼からの距離があるので度数をコンタクトよりも強く矯正しなければならず、その文コンタクトよりも矯正できる度数に限界があるということが理由となっています。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ