あなたがつけるべきはどれ?メガネレンズのコーティング

 

レンズのコーティングは眼を守るもの(守ろうとするもの)、見た目を変えるものなどいくつかの定番の種類があります。

使用用途に合ったコーティングをオプションでつけることが重要なことです。

 

紫外線(UV)カットコーティング

 

最近は日本の気候も厳しくなり、紫外線を気にする人も多いのではないでしょうか?

メガネのレンズでも紫外線防止コーティングをしているものは多くなってきています。

紫外線といえばサングラスというイメージもあるかもしれませんが、近視、老眼用の透明のレンズでも標準装備されていることが多いと思います。

 

  • 昔のレンズ 紫外線カットコーティングをレンズに張る
  • 現在の仕様 レンズに紫外線吸収剤を練り込む

 

とレンズの開発によってよりこの紫外線カットコーティングは進化しています。

異常使用や劣化によって比較的はがれることのあったこの紫外線カットコーティングも現在は練り込み式となっていて損傷する確率は非常に低くなっているといって良いでしょう。

紫外線は白内障の原因という仮説もあるので、心配な方はUVカットは確認しておいて欲しいと思います。

ただしメガネ店によってはオプションで追加費用がかかる場合もあるので注意が必要です。

特に屋外でも使用するメガネですと、この紫外線カットコーティングはおすすめしたいと思います。

 

ブルーライトカットコーティング

 

いわゆるPCメガネというやつです。

タイプとしては

 

  • ネズミ色など着色のあるもの
  • 透明なもの

 

と種類があります。

まず押さえておいて欲しいのは、PCメガネはあくまでもブルーライトの軽減という機能しかなく、PCの長時間使用に完全な疲労軽減を保証するものではないということです。

 

参照

え?PCメガネって本当は効果ないの?

 

また私も一応PCメガネは使用していますが、色のついたPCメガネは普段使いには適していないと思います。

特に夜や夕方になれば視界が見にくく、階段などでは危険です。

普段使いと両用するという場合には少なくても透明レンズにしていきましょう。

 

その他のコーティング

 

他にもコーティングの種類はいくつかあります。

 

ハードコート

 

レンズの表面に傷がつきにくくするコーティングのことです。

つけたほうが良いように思うかもしれませんが、仕事で厳しい使用をするような場合でなければまず必要ないと思います。

ちなみに私はこのハードコートは一度もしたことがありません。

 

汚れのガードコート

 

レンズは使用しているとホコリなどですぐに汚れます。

メガネは石鹸などで洗うとコーティングがはがれてしまうので中性洗剤しか使用してはいけません。

最近だとメガネシャンプーなど綺麗に除菌もできる専用洗剤も発売されているので、神経質でない方だとこの汚れのコーティングまでは必要ないと思います。

ちなみに私も一度もこのコーティングはしていませんが、その代わりに1週間に1度ほどのペースでホコリが目立ってくるとメガネシャンプーをしています。

 

熱耐性のコーティング

 

あまり知られていませんがメガネは熱に弱いです。

たとえば冬にストーブの近くに長時間置くと変色してしまったりもしますし、夏場に車の中に置きっぱなしにしているとやはり見えにくくなってしまうこともあります。

通常の仕事だとこの熱コーティングは必要ないですが、たとえば工場勤務の方などで熱が高い場所にいる時間がある場合だとこのコーティングをする人がいます。

このコーティングよりも熱作業に強いレンズはやはりガラスレンズになります。

プラスチック製よりもガラス製のほうが耐熱効果が高いといわれています。

 

参照

失敗しないためのレンズ素材を選ぶ3つのポイント

 

偏光コーティング

 

人間がまぶしいと感じるのは光の乱反射が原因といわれています。

たとえば外で水面を見たりしたときにまぶしいと感じるようなときが該当します。

この乱反射をカットするのがこの偏光コーティングです。

通常眼が弱いというような場合でなければこの偏光コーティングは必要ないと思います。

 

レンズへのコーティング費用は別料金?

 

上記の中で紫外線カットコーティングはノーマル状態から標準装備されていることが多いと思います。

その他のコーティングについてはオプションということで、1つにつき2000~3000円程度でコーティングしてくれるというのが相場です。

たとえばブルーライトコーティングという場合にはつけると日常的に使用するのに向きません。

というのも視界が暗くなり、転倒の危険性もあるからです。

何でもコーティングはつければ良いということでなく、そのメガネの使用用途からつけるべきコーティングは決めていくと良いでしょう。

 

参照

危険!使用用途に合っていないメガネは眼に負担をかけている!

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ