メガネは使用用途に合ったものをかける

 

メガネは案外高価なものですから、1つ何とか購入してそれを日常生活のあらゆる場面でかけるという使用方法が多いかもしれません。

私も20代、30代とこのようなメガネの使い方をしてきましたが、本当は正しいメガネの使用方法とはいえません。

特にメガネをかけていてパソコン、スマホなどをしていると眼が痛い、チカチカするといった感じを覚えることもありますが、このような場合には使用用途に合ったメガネとはいえない可能性もあります。

 

メガネの意味とは?

 

メガネとは見えにくいものを見やすくするというように考えている人も多いかもしれません。

これに間違いはないですが、

 

  • しかめ面
  • 眉間にしわ

 

などを寄せなくても見やすくするということで眼の負担になっているような視力で使いたい道具です。

たとえば近視用のメガネをしていて案外多いのですが、パソコンやスマホをしていると眉間にしわを寄せている場合があるかと思います。

これは遠距離を見るために視力矯正をするその近視用メガネの度がきつくて、近くを見るときに度がきつく感じているのでというような原因が考えられます。

 

メガネはシーンごとに使い分ける

 

たとえば私はメガネを3つ持っています。

 

  • 運転用
  • 日常用
  • パソコンや読書など近くを見るときのもの

 

すべて近視用の度が入ったメガネですが、上から順に度がきつくなり、下に行くほど度が弱く設定しています。

日常用では運転も昼はしますが、夜はかけません。

また日常用ではパソコンでも使用する場合もあります。

しかし一番度の弱いもので主にパソコンは使用するようにしています。

度が強く、遠くまで見えるメガネだと逆に近くを見ていると眼がチカチカしてきます。

30代後半までは運転用メガネで運転から日常、そしてパソコンでも使用してきましたが、今から思えばもっと早い時期にメガネの使い分けをするべきだったと思っています。

よく度が合っていないといわれますが、合わせるべき度の対象の1つとしては

 

対象との距離感

 

があります。

たしかにメガネ費用の無駄に思えるかもしれませんが、生活シーンごとに使い分けをするようになれば度が強ければ良いというようには思わなくなります。

 

使用用途に合っていないメガネを使用する危険性

 

では使用用途に合っていないメガネをかければどのようなリスクや危険性があるでしょうか?

少しまとめてみますと

 

  • 遠距離用の度の入ったきつめの度数のメガネでパソコンなどを長時間すると眼が疲れたり、負担をかけてしまう
  • 度がゆるいメガネで日常を過ごすと動体視力が衰えることもある

 

これはたとえば近視用のメガネをサンプルに説明したリスクですが、老眼や遠視などでもしっかりと使用用途と度が合ったメガネをかけるというのは基本的なことで非常に重要なことといえます。

 

良いメガネ屋の条件は使用用途を聞くこと

 

みなさんはメガネ屋さんに行ったことはあるでしょうか?

基本的には

 

  • フレームを選ぶ
  • 視力測定をする
  • レンズを測定結果に合わせて選んでもらう

 

というような流れになりますが、良いメガネ屋さんの条件としてそのメガネの使用用途を聞くというものがあります。

たとえばほぼパソコンをするときにしか使わないようなメガネを購入するつもりなのに、運転用の度のレンズをセッティングすれば過矯正といって眼精疲労を招くような良くないメガネになってしまう場合もあります。

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

 

一般的に30代ごろまでは近視の人は特に遠くが見えれば視力と度が合っていると思いがちですが、実はそうではなく、使用用途が合ったメガネがベストということがいえるということです。

 

パソコンとコンタクトレンズ

 

最近の多くの職種ではパソコンを使用することが多くなりました。

またスマホを使用する場合は特にそうですが、このような場合にはコンタクトレンズだとかなり過酷です。

私も若いうちは見た目がどうしても気になるので眼がどれほどパソコンでゴロゴロしてもコンタクトレンズにこだわっていました。

しかしあるときにメガネに切り替えるようになったのですが、パソコンやスマホなどとコンタクトレンズは相性が良くないといえるでしょう。

コンタクトレンズで眼のことが心配になってくればメガネに切り替えるということを検討していきましょう。

私もメガネにした当所はイメージが気になりましたが、無難でなく本当にワクワクするフレームのメガネをかけるようになれば人生は変わってくるものです。

毎日のコンタクトの洗浄も管理も必要ないので、見た目が気になる年齢を過ぎればコンタクトはやめたほうが良いのかもしれません。

 

参照

コンタクトレンズで眼が疲れるなどトラブルが多い本当の理由

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ