メガネフレームの似合う色の選び方!男女別、服装別に解説

 

メガネは形とともにフレームの色も非常に似合うかどうかでは重要な要素となります。

ちなみにメガネの形については顔の形との関係性について以下のページで詳しく解説をしています。

 

参照

人生を変える似合うメガネを見つけるたった1つの方法

 

今回はフレームカラーと顔とのバランスから似合うメガネの選び方について絞って解説をしていきます。

 

メガネの似合う色の法則

 

よく色白な人が黒ぶちメガネをしている場合があるかと思いますが、人によってはメガネが顔から浮いているといいますか、メガネの主張が強すぎるような人を見るかもしれません。

自分で気に入っていればまったく人からどのように思われようが構わないのですが、似合うメガネフレームの選び方というのは

 

顔と同系色のフレーム色を選ぶ

 

というものになります。

 

色は印象から選ぶ 色黒、色白、普通の顔色で似合う色を分類

 

人間の顔色は男性と女性とでもかなり違いますし、また日向にいる時間でも変わってきます。

 

  • 色黒な人 濃い色が似合う
  • 色白な人 薄い色が似合う

 

と同系色で考えればこのような法則となります。

色黒でも色白でもないという人は中間的な色をチョイスしていくと良いでしょう。

顔色とメガネフレームの色とは以下のような関係性になります。

 

色黒な人が似合いやすいフレームの色

  • 黒    男性的、高級感
  • 茶色   安定、ぬくもり、安定
  • ネイビー すぐ下の紺色と同印象
  • 紺    冷静、まじめ、知的
  • 紫    高貴、神秘的、優雅

 

色黒でも色白でもない人が似合いやすいフレームの色

  • グレー  調和、思い出、
  • 青    冷静、さわやか、清潔
  • 緑    穏やか、生命、調和
  • 赤    生命、活動、情熱
  • 黄    好奇心、カジュアル

 

色白な人が似合いやすいフレームの色

  • シルバー シャープ、上品、洗練
  • 水色   優しい、自由、冷静
  • ピンク  女性的、ロマンチック、華やか
  • 白    清潔、純粋、美しい

 

ただし緑、あるいは黄色でもプラスチックフレーム(セルフレーム)でかなり薄い色になっている場合もあるのですが、このような場合には色白な人でも似合うように変わってきます。

色の系統とともに、そのフレームの色の濃さや薄さでも考えてほしいと思います。

 

メガネの色の選び方男女で分けて考えるべき?

 

上記のように基本的には顔色から同系色のフレームを選ぶということで違いはありません。

しかし一般的に色黒な女性は少ないので、普通の顔色か色白な人の色にしていくことが多いとなります。

逆に男性は色白というほうが少ないので、普通あるいは色黒な人のフレーム色にしていきます。

 

ビジネスで選ぶべきメガネフレームの色

 

ビジネスではある程度フレーム色も制限されることがあります。

かといって黒、茶色といった無難でどこでも他の人がかけている色のメガネにしていくとどうしても飽きが出てきます。

また最近はクールビズなどもあり服装も昔ほど画一的で没個性でなくても社会で受け入られるようになりました。

そのため

 

  • 接客など顧客の前に出る場合にはやや無難に
  • 顧客と会わないような職種ではやや冒険気味なフレームカラーにする

 

ということも可能ではないかと思います。

ちなみに無難な色としては

 

  • 茶色
  • グレー
  • シルバー
  • ネイビー、紺

 

と昔から相場というものがあります。

やや冒険的な色としては

 

  • 水色
  • ピンク

 

などといえます。

あとの色は遊び用のフレーム色と考えても良いでしょう。

 

茶色メガネ男女別の考察

 

昔から人気のある茶色フレームですが、よく男女別に質問を受けるので説明をしていきます。

上記のように茶色のメガネというのはオンオフどちらのシーンでも無理なく使用できます。

一般的には

 

  • 黒縁にしたい
  • でも黒縁をかければメガネの主張が強すぎる

 

というような場合に選ぶ人が多いのがこの茶色フレームです。

最近は黒縁メガネが流行していることもあり、人気としてはさすがに黒に巻けるようです。

ただ男女ともにいえることですが、仕事用に茶色としておき、休日には別のもう少し明るい色のフレームを使い分けするのはどうでしょうか?

仕事上ではまじめと良い印象になるかもしれませんが、プライベートも茶色ですと面白みのない無難な印象となります。

 

黒髪に似合うメガネフレーム色

 

日本人は黒髪というのは一応一般的な色となります。

特に染めたりしていなければこの色との相性もメガネフレームでは重要となります。

黒と相性の良いフレーム色としては

 

  • 茶色
  • 紺(ネイビー)
  • グレー
  • シルバー

 

などとなり、特に黒髪と似合うものとしては黒、茶色、紺、赤、青、白となってくるでしょう。

 

紫色のメガネはかけこなしが難しい?

 

一般的に紫という色のメガネは見かけることが少ないと思いますし、実際に出荷数もそう多くはありません。

それだけ紫は個性的、おしゃれということではありますが、逆に顔やファッションとマッチしなければセンスが悪いというように転嫁されてもしまいます。

あくまでも個人的な見解ではありますが、紫フレームをすると良いと思うのは

 

  • おしゃれに自信のある人
  • 紫が好きな人
  • かけてみて自分で似合うと確信できる人

 

ということになります。

 

丸顔や顔の形とフレーム色

 

メガネでは顔の形を以下のように分類して選んでいきます。

 

  • 面長
  • 四角顔
  • 三角顔
  • 丸顔

 

よくこのような顔の形と似合いやすいメガネフレームの色と関係性がありますかと質問されるのですが、実際には関係性はありません。

 

  • 顔の形とフレームの形
  • 顔色とフレーム色

 

このような関係性となっていて、顔の形とはむしろフレームの形との関係性を考えていくと良いと思います。

 

参照

人生を変える似合うメガネを見つけるたった1つの方法

 

フレーム色についてはこのページに説明しましたように顔色から判断していくと自然とマッチする色になるかと思います。

 

フレーム色 似合う色とその選び方まとめ

 

とかなりいろいろとフレーム色について法則的なところを説明してきました。

ただ今さらですが、上記の法則に沿っても従わなくても良いと考えています。

 

  • 自分の好きな色を似合っていなくても選ぶ
  • 与えたい印象を持つ色をあえて選ぶ
  • 法則通りに顔色から選ぶ

 

と大きくいえば3つの選び方があるのではないかと思っています。

ちなみに私の場合には1つめの好きな色から選んでいます。

一応顔と同系色という法則には沿ってはいますが、特に意識せずに好きな色からしか意識していません。

好きな色をあえて選ぶというのはそのメガネに飽きが来ないようになったり、またかけるときにテンションが上がるという傾向があります。

運を上げるという観点では私は好きな色から単純に選ぶという方法も立派に正解ではないかと思っています。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ