メガネの処方箋とコンタクトレンズとは同じ?

 

視力矯正の道具として

 

  • メガネ
  • コンタクトレンズ

 

とがありますが、眼科で処方箋を作り、その内容でメガネやコンタクトを作るということがあります。

人によっては過去にメガネを作ってそのときの処方箋があれば、その内容に沿ってコンタクトも作りたいということがあります。

またコンタクトの処方箋でメガネを作るということを考えるかもしれません。

このようなメガネとコンタクトとのそれぞれの処方箋に違いがあるのかについて説明をしていきます。

 

メガネとコンタクトとの処方箋は違う?

 

結論からいいますとこの2つの処方箋は内容が違うものとなっています。

 

  • メガネとコンタクトとは眼からの距離が違う
  • コンタクトの処方箋には眼の幅の記載項目がない
  • コンタクトは眼のカーブに合わせることが必要、でもメガネは眼につけないのでカーブについての表記がない

 

このようなそれぞれの処方箋の記載内容が違うので、それぞれを代用できないとなります。

距離に関してですが、メガネは眼からの距離が遠いです。

そのため度もコンタクトよりも強く設定しなければいけません。

またコンタクトは直接眼に入れて使用するので、眼の幅(瞳孔間距離)という概念がありません。

メガネの場合にはこの瞳孔間距離も非常に重要で、個人ごとの眼の間の距離によってメガネの焦点に合うように設計をしていきます。

 

メガネとコンタクトはきっちりと作る

 

ともにいえることですがやはり眼のことですから、しっかりと手順を踏んで作ることが重要だと思います。

特にコンタクトレンズは装着など注意事項の説明も受けておく必要がありますし、最近ではカラーコンタクトなどファッション感覚でつける人も多いのですが直接眼につけるコンタクトには慎重に対応しなければいけません。

以下のページでも説明をしていますが、コンタクトは眼に直接装着するのでトラブルも多いのです。

 

参照

コンタクトレンズで眼が疲れるなどトラブルが多い本当の理由

 

メガネについても

 

  • 眼に異常があれば眼科医の処方箋を元にメガネを作る
  • はじめてのメガネだとやはり眼科医に相談してメガネを作る
  • そうではない場合にメガネ屋にいきなりいってメガネを作る

 

というようにやや慎重なくらいでメガネを作るほうが良いでしょう。

 

参照

ここが違う!眼科とメガネ屋での検眼や視力検査

眼科のメガネ処方箋は必要?眼科とメガネ屋との処方の違いとは?

 

度が合わないメガネとコンタクトの怖さ

 

しっかりと処方箋に従ってメガネやコンタクトを作っていればそう経験することではないですが、度が合っていない場合には

 

  • 眼の負担となる
  • 眼精疲労になる
  • かけていると気持ちが悪くなる

 

など弊害はかなり大きいです。

何度もいいますが眼のことですから、費用や手間を惜しまずにそれぞれの処方箋のもとで作るようにしていきましょう。

処方箋といっても2000円から3000円程度のものですから、そこまで高くもありません。

(健康保険の適用もありますのでこのように低額の費用となっています)

またメガネ屋の視力検査ですとメガネを本当に購入するのであれば無料となる店が多いはずです。

ちなみに眼精疲労は以下のページで説明をしていますが、ダメージは結構深刻なものとなります。

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ