本当?メガネの下取りをしてくれるメガネ屋がある?

 

私も何年かごとに視力の変化、使用用途の変化によってメガネを作ってきています。

そのため自宅にメガネが各部屋にあり、さらにいくつか使用していないメガネも引きだしに入っています。

そこまでメガネの個数も必要ないというような場合には必要なくなったメガネの処分を考えると思いますが、メガネ屋でいらなくなったメガネの下取りをしてもらえるという噂を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか?

 

Zoffによるメガネの下取り

 

Zoffではメガネの下取りをしていた時期もありました。

 

  • メガネ、サングラスも対象
  • 他店で購入したメガネも対象

 

ということでいらなくなったメガネやサングラスを持ち込むと1000円の商品券と交換してもらえます。

下取りしてもらったメガネは加工しなおしたりして途上国に進呈されるとなります。

メガネの本数がかなりあればメガネ購入費用の何割かを賄えるという場合もありそうです。

ただ今現在はやっていないように思います。

 

メガネスーパーも下取り実施中

 

大手メガネチェーンのメガネスーパーも下取りをしています。

 

  • 他店のメガネも下取りの対象
  • 1万円につき1000円の割引

 

メガネスーパーではクーポンの進呈となります。

そのためメガネを新調でなくても不要なメガネを持ち込みできます。

 

  • 1万 1000円の割引
  • 2万 2000円の割引
  • 3万 3000円の割引

 

と段階的になっていて、たとえば3万のメガネを購入というときに3本の不要なメガネを持ち込み下取りしてもらうと27000円となるということになります。

 

メガネの下取りをしているメガネ屋が少ない理由

 

他にも

 

  • 眼鏡市場
  • メガネの三城

 

などもメガネの下取りは行っていません。

また上記で紹介したメガネ屋についても今現在、そして今後下取りを拡大させるのか、それともどこかの段階でやめてしまうのかはわかりません。

メガネは

 

  • フィッティング
  • 瞳孔間距離

 

など個人ごとのデータに合わせて作るものです。

メガネ屋が下取りをして再利用するというのはやはり難しく、車の下取りのようにはいかないと思います。

よく他人のメガネをかけると視力が落ちるといわれますが、このようにメガネは個人ごとに細かく設定して作るというところに原因があるのだと思います。

 

参照

格安メガネ店が危険な理由!検眼からフィッティングまでのメガネ作成の違い

 

下取りでなくメガネを安く購入する方法

 

上記のように今後メガネ業界で下取りの動きが広まるというのはあまり考えられないということです。

下取りがないとすればフレームを安くする方法を採用していくと良いでしょう。

 

  • ネットでフレームだけ購入する
  • そのフレームを持ち込みして視力検査を付近のメガネ屋でしてレンズを入れる

 

という方法です。

ネットだと気に入ったフレームも種類が多いので見つけやすいですし、無店舗なので安く良いフレームを入手できる可能性は高いです。

ちなみに似合うフレームの見つけ方は以下のページで説明をしています。

 

参照

人生を変える似合うメガネを見つけるたった1つの方法

メガネ購入前に必見!フレームの形状での見た目と強度

 

通常ほとんどのメガネ屋、あるいはメガネチェーンではフレーム持ち込みでのレンズ入れを受けてくれます。

フレームは自分がワクワクする気に入ったものでないとかけたくなくなるので妥協せず、いろいろなサイトで探していきましょう。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ