眼の負担を減らす!デスクワーク用のメガネはどう作るべき?

 

仕事でもプライベートでもデスクワークが多め、あるいはほとんどという時間がある人は多いかもしれません。

外出用メガネをそのままデスクワークに使用している場合もあるかもしれませんが、度数によってデスクワークは別のメガネを持っておくという使い分けをしたほうが良い場合もあります。

デスクワークというのは主に近距離をよく見る作業となりますが、遠距離用メガネだと度が強すぎてかえって眼に良くないものになってしまっている場合もあります。

 

メガネは3つの距離感で使い分けする

 

メガネでは

 

  • 遠距離
  • 中距離 2メートル程度
  • 近距離 30センチ程度

 

と主に使い分けで考えます。

今回のデスクワークとなれば近距離、あるいは中距離用メガネを作るということがおすすめです。

 

参照

危険!使用用途に合っていないメガネは眼に負担をかけている!

 

近視メガネをデスクワークで使い分けする

 

近視メガネは上記の距離感で使い分けしていきます。

特に度が強い人ほど遠距離用の普段使いのメガネと度数をメリハリをきかせていくということが必要です。

私の場合には

 

  • 遠距離用
  • 近距離と中距離を併用 遠距離用よりも3つほど度数を下げている

 

というようにメリハリをきかせています。

近視メガネとはいうまでもなく遠距離を専門に見るためのメガネですが、それでそのまま近距離のデスクワークに使用すれば距離感が合っていないので眼に負担となります。

特に30代に入ればこのような使い分けが必要で、パソコンなど画面を見る場合には老眼を早めないようにデスクワーク用のメガネを使うほうが良いでしょう。

 

参照

ショック!最近は若くても老眼?老眼は何歳から?

 

デスクワーク用に度の違うメガネを使い分けするのは眼に良くない?

 

度数の違うメガネをかけ使い分けするのは視力に良くないと思っている人も多いかもしれません。

これは正確にいいますと

 

距離感の合っていないメガネで見るのは良くない

 

ということです。

要は眼に負担となるメガネが良くないということであり、上記でもいいましたように運転用のメガネでデスクワークをするということが良くないということです。

そのためデスクワークでよく見る距離に合わせて楽に無理なく見えるようにするほうが眼には良いといえます。

 

参照

パソコン用メガネの使い分け。度数は距離感で使い分けるべき

 

今回の場合にはデスクワーク用のメガネということですが、生活環境によっては

 

  • 遠距離メガネ 運転、外出用
  • 中距離メガネ 室内用、テレビ用など
  • 近距離メガネ 読書、パソコンなどデスクワーク用

 

とさらに細かく使い分けしても良いかもしれません。

ここまで使い分けするのは予算もかかるので難しいかもしれませんが、特にパソコン、スマホなど画面を見る眼に負担となりやすい作業をしている場合には最低限デスクワーク用メガネはあったほうが良いと思います。

 

乱視メガネはデスクワーク用に使い分けするべき?

 

乱視単独、あるいは近視も入っているという場合には多少デスクワーク用の使い分けに配慮しなければいけません。

上記のように近視の度数を多少弱めにするのは良いとして、乱視度数を単純に弱めるということで結論にするのは早いように思います。

一般的には乱視度数はデスクワーク用でも緩めないことが多いのですが、テストレンズでデスクワークの距離感がどれだけ楽かによって考えるべきといえます。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ