眼に優しい?近視メガネは複数使い分けするべき?

 

近視という場合、特に若い人だと同じような度数の近視メガネを日常的に使っているという人が多いのではないでしょうか?

20代くらいだと特にこのような人が多いようですが、このようなメガネの使い方はあまり正解ともいえません。

特にスマホ、パソコン、ゲームなどをよくする人ほどこのようなメガネの使い方は眼に負担となりやすいといえます。

 

近視メガネが複数必要な理由

 

近視メガネとは文字通りに遠くが見えにくい人の視力矯正をするメガネです。

そのため遠くが正視の人と同じように見えるわけですが、その分近くを見るときにはピント調節に苦労しています。

その分、眼の周囲の筋肉には負担となっているわけです。

主に現代人の眼の使い方としては

 

  • 遠距離 運転、日常用
  • 中距離 テレビゲーム、室内用
  • 近距離 読書、パソコン、スマホ

 

というように使い分けをするほうが本当は眼に優しいといえます。

眼には負担とならないことが一番重要なことで、眼精疲労を軽減することが画面を見ることが多い現代人には求められます。

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

 

近視メガネの使い分けと老眼の進行

 

眼精疲労の怖さについても説明をします。

単に疲れ目と軽く考える人も多いのですが、老眼の進行と深く関係しています。

最近は20代後半、30代前半にも老眼の初期症状を示す人も多くなってきていますが、これは

 

  • パソコン
  • スマホ
  • ゲーム

 

など現代人の近距離にピント調節をして筋肉が固定させてしまうことに大きな原因があります。

さらに近視メガネをしていればより大きな眼の負担となっていることが考えられますので、より問題となります。

強い近視メガネをしていれば特に近距離用メガネは用意しておくべきといえるでしょう。

パソコンやスマホのモニターを見るときに眼がかなり楽になる感じがすると思います。

 

参照

ショック!最近は若くても老眼?老眼は何歳から?

 

近視メガネを複数持つべきタイミングとは?

 

一般的には30代に入るころにはやっても良いと思いますが、仕事でもプライベートでも画面を見る時間が多いという場合には上記のように老眼年齢が下がってきている現在ではもう少し早く近視メガネの使い分けをしても良いのかもしれません。

 

  • 画面での眼の疲れ
  • 眼の奥の重さ
  • 頭痛
  • 肩こり

 

などというような眼精疲労を感じるのであればそのときが複数お近視メガネの使い分けるべき時期といっても良いでしょう。

詳しくは以下のページの特徴に該当していないかで検討するべきです。

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

 

近視メガネの度を間違えると近視が進む?

 

近視メガネでも上記のように複数の度を使い分けすれば近視が進むという意見もあるかと思います。

正しくは対象との距離が合っていないメガネをかければ視力に影響するということです。

そのため

 

  • 近視の度が強いものでパソコンをする
  • 近視の度が緩いもので日常的に生活する

 

というのが良くないことです。

1つめは眼精疲労から老眼、2つめは動体視力に影響が出てくることもあります。

要は距離感の合った度数の近視メガネを使い分けするということが重要です。

 

参照

メガネの使い分けは危険?視力や眼が疲れるとの関係性は?

 

裸眼でもパソコンなどが見えれば無理に近視メガネをかけることもありません。

ただパソコンをやめて通常の生活に入るいうときにメガネはかけるべきとなります。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ