若年老眼を予防!調節力の維持や高める方法

 

最近は長時間に及ぶスマホ、パソコン、携帯などが原因で眼精疲労を感じている人も多いかと思います。

昔から老眼は40~50歳ごろに初期症状が出てくるというのが一般的でしたが、今では30代、あるいは20代で初期老眼になる人も出てきています。

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

 

眼には調節力というピント調整能力がありますが、スマホの使用によってこのピント調整ができなくなる年齢が早くなるということですが、今回はどのようにすれば調節力を維持することができるのかについて解説をします。

 

眼の調節力が衰えるとどうなるのか?

 

眼で近く、中距離、遠距離などと焦点を合わせることで対称を見ることができます。

このときに眼の周りの筋肉を調節し、対象との距離感を合わせて像をキャッチします。

このような能力を調節力といいますが、この能力が衰えれば

 

  • 遠くを見てもしばらくぼやける
  • 近くを見ても見えにくくなる
  • 眼がかすむ

 

などといった影響が出てきます。

特に30代という若い時点で老眼の診断を受ければかなりショックを受けますが、スマホの浸透によって老眼の低年齢化が進んでいるといえます。

 

参照

ショック!最近は若くても老眼?老眼は何歳から?

老眼鏡をかけたほうが度は進む?かけないと度は進む?

 

スマホがなぜ調節力を衰えさせるのか?

 

スマホというのはごく小さな画面にたくさんの情報が詰まっています。

操作している時間はずっとごく近い手元をまばたきもせずに見ているわけですが、

 

  • 眼の周囲の筋肉が近距離の焦点で固まってしまう
  • 眼の水晶体も近距離を見る時間が増えることで柔軟性を失う

 

ということがあります。

同様にパソコン、携帯なども決して眼に良いものではありません。

 

調節力を維持する方法

 

調節力を衰えさせる怖さは知っていただけたと思いますが、この維持というのは実はさほど多くの方法があるわけではありません。

 

  • パソコン、スマホ、携帯を使用しない
  • 使用するときにはまばたきの回数を減らさない
  • 使用するときには適度な休憩をする
  • 遠くを見る時間を増やす
  • 偏った食事にしない
  • 睡眠をしっかりととる
  • 姿勢を良くする

 

究極的にはパソコンなどを使用しないことです。

PCメガネもかなり流行っていますが、実はさほど効果があるわけではありません。

ただ自然界に存在するごく一部の光線をカットするだけであり、PCメガネをしていればまったく眼が疲れないというものではありません。

 

参照

え?PCメガネって本当は効果ないの?

 

またブルーベリー、ルテインが眼に良いと宣伝されていますが、視力を回復させたり、疲労回復に効果があるというわけではありません。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ