うそ?かけたり外したりは目に悪い?視力に影響する?

 

メガネを必要とする視力であってもかけたり、外したりを繰り返す人は案外多いかと思います。

このかけたり外したりを頻繁にすれば視力に影響するとよくいわれますし、私自身も学生時代に言われたこともあります。

目や視力に本当に影響するのであれば怖いことですし、本当のところはどうなのかについて解説をしていきます。

 

かけたり外したりは目に良くない?

 

結論からいいますと特に問題はありませんし、視力に影響することもありません。

 

  •  裸眼で生活をしてきて老眼鏡が必要になった
  • 授業中だけ近視メガネをかける

 

などという場合にはメガネのかけ外しは頻繁にするのではないかと思いますが、そのメガネをしないと見えない、見えにくいというときにかけていれば特に問題はありません。

 

見えにくいときにメガネをしていないのは問題

 

ではなぜメガネのかけ外しが目に悪いと言われるのでしょうか?

この噂が広まった理由ともいえるかもしれませんが、人間の眼の機能からも説明をしていきます。

メガネとはいうまでもなく視力矯正の道具で、これは近視、遠視、老眼などあらゆるメガネに共通した目的です。

つまり見ようとする特定の距離を見えやすくするためのものです。

しかしかけたり外したりというメガネの使用方法だと以下のような場合もあるかと思います。

 

  • 老眼で近くが見えにくいが目を細めて強引に見る
  • 遠くが見えにくいが近視メガネが手元にないので目を細める

 

たとえば老眼鏡や近視メガネを持っていても、たまたま見る必要性があったときに手元にそのメガネを持っていないという場合がありますが、その場合取りに行かずに面倒で強引に目を細めて見ようとするというときです。

これはメガネのかわりに目を細めてピント調節を強引にしようとすることで、その分眼に負担となります。

このようなことが繰り返されて目に悪いというような話も出てきたのかな?と考えています。

 

メガネはかけるほど目が悪くなる?

 

またメガネをかけるほど目が悪くなるという噂もありますが、これも事実ではありません。

度数が合っていないメガネをすればたしかに視力に影響するのですが、この多くの理由としてはメガネをかける前からあった目を酷使する生活環境が変わっていないということがあります。

たとえば

 

  • ゲーム、スマホ、パソコンをしていて目が悪くなった
  • 近視メガネを必要とするようになった
  • メガネをかけてまだゲームなどをしている
  • 数年後にさらに度数の強いメガネを必要とするようになった

 

ということで、メガネが原因で視力に影響したのでなく、生活習慣に問題があり(それは多くの場合目の酷使ですが)目が悪くなっているということです。

 

度数の使い分けと眼精疲労の予防

 

ということでメガネをかけたり外したりというというよりも眼に良くないところがあればそれを解消していくほうが重要ということです。

一番良いのは目の酷使であるスマホ、ゲーム、パソコンを完全にやめることですが、それが難しいという場合には

 

  • 使用用途に応じて度数を使い分ける
  • 1時間に15分程度休憩を適度に入れる

 

などといったことを行っていきます。

眼の酷使の本当の怖さは眼精疲労、そして眼精疲労による老眼進行を早めることにあります。

最近は20代後半、30代初期とこのような異常な年齢ともいえる段階で老眼を発症する人もいますが、スマホやパソコンなどと無関係ではありません。

眼精疲労については以下のページに前兆や特徴を紹介していますが、該当する箇所があれば早急に手を打つべきといえます。

パソコン、スマホが眼に悪いのは近距離にピント調節をさせることが長時間行われることにあります。

これによる眼の周辺の筋肉が硬直化し、老眼の症状を早めるということです。

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

危険!使用用途に合っていないメガネは眼に負担をかけている!

 

このページにも説明していますが、

 

  • 遠距離 日常用
  • 中近用 パソコン、スマホ、ゲーム用

 

というように見るべき距離感によって度数を使い分けすることでピント調節機能への負担を減らします。

遠くがよく見えるメガネは近くを見るときにかえって眼に負担となりますが、このデメリットを緩和していくことが必要となります。

眼精疲労に心当たりがあれば早急に対応していってほしいと思います。

 

近くが裸眼でも見えるときにメガネをつけたり外したりも視力低下?

 

視力にもよりますが、

 

  • パソコンの距離だと問題なく裸眼で見える
  • しかし遠くはメガネをつけないと見えない

 

というような場合もあるかと思います。

この場合、たとえば通常時はメガネをつけていて、パソコンなど近距離を見るときにはメガネを外すというような場合もあります。

このようなメガネのつけたり外したりも眼に影響することはありません。

メガネで遠くが見えるということは近くを見るときには逆にピント調節機能に負担をかけていることになります。

そのためパソコンなど近くは裸眼で問題なく見えるという場合にはメガネをつけていても外すというような視力低下にならないはずです。

ただし裸眼でパソコンなどがやや見にくいという場合には眼を細めるといった無理に見ようとすることも出てきます。

この場合には眼精疲労になり視力低下を招くので、無理をするならメガネをつけておくほうが良いのです。

ただ遠距離メガネで近くのパソコンを見るのがやや見えすぎるという場合には、度数を落とした近距離用のメガネを使い分けすることが望ましいです。

上記の度数の使い分けの項目を参考にして眼に優しい生活環境にしていきましょう。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ