どうすれば続けて使用できる?コンタクトを医者から止められた場合

 

コンタクトレンズはもともと眼に直接つけるもので、傷がつきやすかったりというようなデメリットもあります。

特に若い人だとメガネと違って見た目が変わらない、もしくはカラーコンタクトだと見た目をより良くできるというところもあってつけている人も多いのではないでしょうか?

しかし眼に異常があり眼科に行ったときにコンタクトをそれ以上つけてはいけないとかなり厳しく止められてしまうというような場合もあります。

 

眼科医がコンタクトの使用を止める理由

 

通常ここまで厳しい言い方をされることは少ないと思います。

私も20年以上もコンタクトをしてきましたし、周囲にもコンタクト愛用者もかなりの人数いますが一度も聞いたことはありません。

このような場合には

 

  • よほどコンタクトの使用方法がずさんで眼に影響が出ている
  • 角膜に傷がすでにかなりついている
  • 眼科医に断定口調の癖がもともとある

 

などということが考えられます。

眼科医にもいろいろな方がいますが、まずなぜコンタクトの使用を止められるのか理由を聞きましょう。

その理由によってコンタクトが今の自分にとってどれだけ深刻な影響が与えるのかどうかが判断できるはずです。

 

コンタクトレンズはもともと常用使用できるものではない

 

ひょっとすれば今現在コンタクトレンズだけで生活していて、メガネを1つも持っていないという人もいるかもしれません。

このような場合にはコンタクトをできない日ももともと来ることがあるということは知っておいて欲しいと思います。

 

  • 眼が充血するなど調子の良くない日もある
  • 花粉症などでコンタクトができない日もある
  • 結膜炎にかかればコンタクトができない日もある

 

というように絶対に毎日コンタクトをできるというわけではありません。

また仕事でパソコンを使用するにはかなりコンタクトだときつい日もあります。

このようにコンタクトができない、しんどいという日のためにメガネは1つ予備で持っておくべきといえます。

 

参照

コンタクトレンズで眼が疲れるなどトラブルが多い本当の理由

 

コンタクトと老眼

 

コンタクトは

 

  • 装着のときに角膜に傷がつきやすい
  • 使用中は眼に酸素が供給されにくい
  • 眼が乾きやすい

 

というデメリットがあります。

今回の場合には角膜の傷で眼科医に使用を止められているという場合も多いかもしれませんが、コンタクトは眼に疲労が蓄積しやすいです。

乾き、重さ、などはコンタクト使用者には心あたりがあるのではないでしょうか?

コンタクトをしながらスマホ、パソコンをしているとかなり眼が疲れますが、眼精疲労になりやすく、老眼の到来年齢も早くなることもあります。

まだ若いと思っていても30代初期ですでに老眼の初期症状を発症する人も増加しているのが現代です。

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

ショック!最近は若くても老眼?老眼は何歳から?

 

このようにコンタクトは見た目が変わらないというメリットも大きいのですが、眼への負担というデメリットもかなり大きいのが実際です。

眼が見えなくなるのは本当につらいことで、それでも見た目を取るのか、見た目でなく眼の健康を取るのかは慎重に判断していく必要があります。

冒頭でもいいましたが、眼科医がコンタクトの使用を止めるのはよほどのことでかなり深刻なケースではないかと思います。

私個人でいえばコンタクトの使用をいかなる理由があっても継続する理由はないと考えます。

その後、期間をおいてメガネで生活し、状態が良くなればまた眼科医の診断を受け、回復していれば再びコンタクトでも良いのではないかと思います。

ちなみにメガネは似合うフレームにすれば案外良いもので、顔の欠点を隠すパーツになります。

 

参照

人生を変える似合うメガネを見つけるたった1つの方法

 

メガネは嫌と考えている人ほど、このページで似合うメガネを知ってほしいと思います。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ