注意!度が合っていないメガネをかける本当の怖さとは?

 

コンタクトレンズとは違ってメガネの場合には眼の外にかけるので、安易にかけている人が多いです。

しかし度が合っていないメガネをかけるのは本当にリスクがあるものです。

度が合っていないメガネをかけている人のパターンとしては

 

  • 自分である程度度が合っていないことを意識している人
  • 症状はあるものの知識不足で度が合っていないことが原因と理解していない人

 

というような場合に分かれます。

特に問題は2つめですが、実は自分がそれに該当しているということはよくあるものです。

 

メガネの度は何年で合わなくなってくるのか?

 

これは一般的に3年で度が合わなくなってくるというようによくいわれます。

あくまでも平均であり、一般的な話ですから目安的に考えるべき数字といえます。

しかし今ここを読んでいる人でもそういえば前回のメガネ購入から3年以上経過しているというような場合が多いのではないでしょうか?

 

  • 眼の酷使
  • 生活スタイル

 

などで視力は3年などで変化するもので、そのまま度の合っていないメガネをかけていることは非常に危険といえます。

 

参照

知っていますか?メガネには本当は寿命があること

 

度の合っていないメガネをかけているときの危険性とは?

 

メガネはもともと視力矯正の意味合いを持ちます。

その度が合っていないということで、過矯正、あるいは度が緩すぎるということで正常に見えていない状態でずっと生活をしているわけです。

そのため

 

  • 眼が疲労しやすい
  • 遠くが見えていない
  • 眼の負担が増している

 

ということが起こっていることがあるといえます。

眼精疲労を引き起こしているということもあるということです。

眼精疲労の関係で視力に影響が出てくる場合もありますし、思っている以上に度の合っていないメガネをかけているのは危険ということがわかります。

 

  • 近視の度数が強いメガネをしてパソコンなどをしていると老眼を早める場合もある
  • 近視の度が弱いメガネで日常を過ごしていれば動体視力に影響してくることもある
  • 老眼鏡の度が合っていないものも老眼をより早く進行させることもある
  • 乱視や遠視も視力影響したり、頭痛など体の他の部分に変調が出てくることもある

 

参照

危険!眼精疲労の前兆とその対処方法

 

度の合っていないメガネを避ける方法 使用用途をよく考える

 

特に近視の人は遠くが見えれば度も合っているし、良いメガネというように考える傾向があります。

しかし遠くが見えるということは近くを見るときに負担をかけるメガネの裏返しでもあります。

特に30代半ばを過ぎて老眼の初期状態になりつつあるタイミングで

 

  • 近くを見るためのメガネ 読書、スマホ、パソコン用
  • 遠くを見るためのメガネ 運転や日常生活用

 

などとメリハリのあるメガネを使用用途ごとに使い分けるということが重要です。

本当の度の合っているメガネとは、使用用途に合っているということです。

最近は20代でも老眼を発症してしまう時代ですから、メガネも「使用用途ごとに度の合った」メガネを使用していってほしいと思います。

 

参照

危険!使用用途に合っていないメガネは眼に負担をかけている!

ショック!最近は若くても老眼?老眼は何歳から?

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ