メガネをかけたまま仕事などをしているとレンズに塗料、シンナーなどがつき、きれいに洗いたいということはしばしばありえることだと思います。

レンズに塗料、シンナーがつくのは決して良いことではないということは多くの人も知っているところだと思いますが、レンズのダメージを減らすときにどのように対応すれば良いのかについて解説をします。

 

レンズへの塗料、シンナーはシャンプーで落ちる?

 

ネットでよくある意見がレンズについた塗料、シンナーは

 

  • シャンプー
  • 石鹸

 

などで落ちるという意見です。

一理ありそうな意見ではありますが、レンズにはコーティングをしているので中性でないシャンプーや石鹸でシンナーを取ろうとするのはまずおすすめしません。

おそらく一度で落ちずに何度もシャンプーなどで洗うことになるかと思いますが、コーティングの劣化が進み、メガネの寿命を縮めることにもなりかねません。

レンズを洗えるのは中性洗剤だけですので、

 

  • 台所洗剤で中性なもの
  • メガネシャンプー、メガネクリーナーのような専用の洗剤

 

だけを使うようにしてください。

 

参照

コーティングをはがす洗剤を解説!中性洗剤しかダメ?

 

プラスチックレンズとシンナーの危険性

 

最近はガラスのレンズのほうが少ないために、プラスチックレンズという人も多いといえます。

このプラスチックレンズにシンナーをつけていくとレンズがゆがむという現象も起こります。

少しのシンナーではここまでにはなりませんが、シンナーと樹脂とは相性が良くないということも知っておいて欲しいと思います。

 

ラッカー塗料とメガネレンズへの付着

 

ラッカー塗料は中でも強力で、つき方にもよりますがレンズの表面を溶かせて、その中に残るようなこともあります。

そのため完全に取れないということもあります。

ラッカー塗料でも霧のようになった状態であればここまで奥に浸透するということもないので何とかきれいになることもありますが、問題はつき方、量にあるといって良いでしょう。

 

メガネレンズとその他の使ってはいけない溶剤について

 

洗剤でも中性以外のものは使ってはいけないと記載しましたが、他によくある間違いなものとしては

 

  • エタノール
  • うすめ液
  • ベンジン

 

などもレンズに使用してはいけません。

やはり同様にレンズにダメージが残ります。

ネットでも誤った意見が投稿されているものもありますが、何度もいいますが中性以外の液剤は使用しないようにしてください。

上のような溶剤を使うとレンズが白く濁ったようになったり、レンズにひびが入って使えなくなることもあります。

これは上のような溶剤で膨張するレンズの箇所と、収縮する箇所とが出てきて整合性が取れなくなり起こる現象です。

即座にレンズ交換やメガネの買い替えをしなければいけないようにもなります。

 

レンズにヘアスプレーが付着!使用溶剤に注意

 

女性では仕事以外のヘアスプレーの使用時にも今回のように中性以外の洗剤を使用する傾向もあります。

やはり同様に中性でない溶剤はレンズを致命的にダメにしてしまうので注意してください。

 

  • とりあえず水で流す
  • 中性洗剤をつけて軽く指で(爪は当てない)こする
  • メガネ屋に持っていき超音波洗浄器を使ってもらう

 

というように対応していきましょう。

 

参照

実は危険?メガネを超音波洗浄で洗うとコーティングがはがれる?

 

塗料、シンナーとメガネレンズの汚れへの対応

 

今回のようにレンズに塗料、シンナーがついたというときには購入したメガネ店に持っていくようにまずしてください。

それでも完全にきれいになるかはわかりませんが、レンズの性質を把握し、ベストな状態まで洗浄してくれることが多いといえます。

また今後の塗料などの使用時についてですが、メガネの買い替えやレンズの交換となると費用も大変です。

そのためゴーグルをつけるなどをしてメガネを塗料やシンナーから守るようにしていきましょう。

 

フレームに塗料がついて変色!どうすれば良い?

 

レンズでは上のようになりますが、この他に塗料などがセルフレームに付着し変色してしまうこともあります。

このときにはレンズほど致命的ではありません。

 

  • 購入したメガネ屋に持っていく
  • 変色した箇所を削ってもらう
  • 元の色が残るフレームの部分を外に出してもらう

 

参照

フレームの色落ちが起きる原因とその解決方法

 

というようなメンテナンスを受けるようにしましょう。

有料となりますが、レンズのように交換しなければいけないことも少ないと思います。

チタンなど金属系フレームで塗料がついたときには塗装をやり直すことで元の色合いに戻すという作業を行えることもあります。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ