危険!メガネレンズの値段はこの相場以下だと品質に難がある

 

メガネフレームの値段や費用もかなりの差がありますが、レンズの値段も

 

  • レンズの種類
  • メガネチェーン

 

によってかなりの値段の差があります。

ここまでレンズの価格に差があれば品質が良くないものもあるのではないかと思う人は多いのではないでしょうか?

今回はレンズの値段の差の理由、あるいはレンズの種類などについて解説をしたいと思います。

 

レンズの値段に差が出る原因や理由

 

まずレンズの値段や価格に差が出る理由について列挙してみます。

 

  • 通常レンズか薄型レンズ(あるいは超薄型レンズ)
  • コーティング
  • 球面、非球面、両面非球面レンズといったレンズの種類
  • レンズメーカーの一流か二流かの違い
  • レンズの生産や仕入れの体制

 

レンズメーカーについて国内にもいくつか有名な企業がありますが、一流メーカーのほうが

 

  • レンズのゆがみが少ない
  • レンズのコーティングがしっかりとしている

 

といったメリットがあります。

国内の一流レンズメーカーについては以下のページで列挙していますが、以下のページにあるレンズメーカーだとどこでも品質に違いはほぼありません。

あとは好みの問題といえます。

 

参照

失敗しないためのレンズ素材を選ぶ3つのポイント

 

安全なレンズの値段相場や目安の金額は?

 

一般的にレンズとしては8000円前後(オプションを何もつけないとして)以上だと見え方にはまず問題もないでしょうし、平均以上のレンズといって良いでしょう。

おそらくこの価格帯のレンズだと一流メーカーのレンズになっているでしょう。

ただしこの8000円前後という場合には

 

  • 薄型レンズではなく通常の厚さのレンズ
  • オプションやコーティングは何もつけていない
  • 両面非球面レンズではない

 

といった注文内容としてはデフォルト状態となっています。

私個人的には薄型レンズにするので8000円にプラス3000~5000円前後のレンズにしますが、この程度のレンズの値段でも良いかもしれません。

さらに両面非球面レンズといって見え方が最高級な注文をする場合もありますが、正直よほど細かい作業をするメガネでなければそこまで必要ありません。

私も道楽や趣味的に両面非球面レンズにし、そのときには2万をレンズだけで超えてきます。

特に異常に温度の高い環境、ホコリの多い職場、レンズの傷つきやすい環境などにいなければ

 

  • 通常レンズ、あるいは薄型レンズ
  • コーティングは特になし
  • 非球面レンズ
  • 一流レンズメーカー製のレンズ

 

と選択し、1万前後(左右で)のもので十分だと思います。

 

参照

非球面レンズにしてはいけない?非球面の見え方や合わない人の条件

 

左右2枚で5000円前後のレンズは品質が悪い?

 

最近は安いメガネチェーンもありますので、たとえば2枚で5000円前後といったレンズも販売されています。

このような相場以下のレンズの品質は悪いのかといえば、その安さに理由があれば問題ありません。

逆に理由もなくレンズが安いのはメーカーが二流であったり、コーティングがはがれやすかったりといったデメリットもあります。

この場合、レンズの寿命も短くなります。

たとえばJINSというメガネチェーンだとレンズが業界では最安値となりますが、その安さの理由として

 

  • 大量生産による仕入れ価格の圧縮
  • 海外生産による生産経費の圧縮

 

といった理由から安さを実現できています。

ちなみにレンズが安いと宣伝していて薄型にすれば結果として1万前後になるようなメガネチェーンもありますが、JINSでは薄型レンズも追加料金もかからないところもうれしいところです。

しかしこのような安くできている理由のないところのレンズは個人的にはおすすめしません。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ