高級なメガネの5つのポイント!人気の高級メガネを男女別に解説

 

メガネでは高級といわれるような値段、あるいは印象のものもあります。

今回はメガネと高級というワードに沿って記事でよく質問される項目について説明したいと思います。

 

高級なメガネのフレームやレンズはどこに違いがあるのか?

 

最近はメガネでも1万程度でも購入できますし、高級なものだと後述もしますが30万といったメガネもないわけではありません。

個人的には妥当なメガネの予算は3万程度と考えていますが、1万と3万のメガネとの違いというのは

 

  • 海外生産などでコストカットしているかどうか?
  • 大量生産によるスケールメリットによる仕入れ価格の圧縮
  • レンズのゆがみ
  • コーティングの強度
  • フレームの強度
  • フレームの塗装の層の数

 

参照

メガネの予算はどの程度用意するべき?安いメガネは実は損?

メガネの価格、値段に違いがある原因!レンズとフレームの品質の違い

 

といったところにあります。

さらに30万などといった高いメガネだとフレーム、レンズがそこまで優れているというわけでなく、ブランド料、フレームにつけられた貴金属といった費用が含まれて高級となっているということです。

品質を考えれば3万程度のメガネでも十分だと思います。

 

メガネでの高級店とは?

 

最近は安めの価格設定のメガネ屋が多いので、高級店といわれると意外とないといっても良いかもしれません。

ちなみに安い価格帯のメガネチェーンといえば

 

  • JINS
  • Zoff
  • 眼鏡市場

 

が代表的ですが、それ以外のメガネ屋も基本的にこの3つのメガネチェーンの相場のメガネはないとしても店の一角で10万を超えるようなメガネも置いているところもあります。

中には30万といったメガネもありますが、

 

  • 金などを使っている
  • その他高い貴金属がメガネフレームについている

 

などといったような理由で高級メガネとなっています。

現在の日本ではこのようなメガネが売れることはまれですが、一応置いているというのがメガネ屋のスタンスであることが多いです。

 

参照

メガネチェーン店の評価や評判まとめ!元メガネ屋が解説

 

高級な日本製のメガネを購入したい

 

ブランドで高級といえばまず海外製のブランドをイメージする人が多いかもしれません。

しかし鯖江を代表とする手作りブランドは純日本製ですが、品質もすばらしいものとなっています。

 

参照

メガネの手作りブランドを紹介!鯖江製VS海外製

 

泰八郎謹製、角矢甚次郎は特に代表的なブランドで高級でかなり長い間使えるメガネとなることでしょう。

Oh My Glassesといってこのページの下のほうで紹介しているサイトでは日本製の高級メガネ、ブランドも扱っているので見てみて欲しいと思います。

 

おすすめする高級メガネ メンズ、レディース別に紹介

 

高級メガネといえばまず海外ブランドになります。

メンズ、レディースごとに人気、有名ランキングを紹介したページを紹介します。

 

参照

おすすめの人気、有名ブランドランキング!男女別に紹介

 

ブランドといっても10万も20万も意外としなくても4~5万程度で世界的に有名で日本でも人気のブランドのメガネが入手できます。

 

高級感を出すメガネとは?

 

メガネを見られて一目で高級なメガネと理解して欲しいという人もいるようなので、高級感を自然と出すメガネについても紹介しておきます

 

  • 品質
  • 値段

 

この両者はメガネではある程度比例していますが、ロゴのないメガネはたとえ10万以上のものであっても高級かどうかはまず一般の人はわからないといいます。

高級感をほとんどの人にイメージさせるメガネといえば有名ブランドのロゴの入ったメガネだと思います。

たとえば

 

  • シャネル
  • グッチ

 

などが代表的です。

テンプルにブランドロゴが入る、またはメガネのフロントに特有のロゴが入るメガネだとまず高級感を与えるメガネといって良いでしょう。

ただ日本人に有名なブランドでないと知らない人もいるので上記に紹介しました別ページのブランドランキングを参考にして欲しいと思います。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ