はじめてのメガネは眼科の処方箋で作ってはいけない?

 

はじめてメガネを作るというときに

 

  • 近視
  • 乱視
  • 老眼

 

と言ったケースごとにやや話は違いますが、眼科の処方箋を元にメガネは作るべきかというようなことが気になるかと思います。

いきなりメガネ屋に行くよりも眼科の処方箋によって診察料がかかるのですが、この費用対効果について今回は解説をしたいと思います。

 

はじめてのメガネを眼科の処方箋を元に作るべき理由

 

メガネを作るというときには近視、乱視、老眼とすべてを含めて視力低下などといった原因があります。

単純に視力低下だけが起きていれば正直いってメガネ屋にいきなり行っても良いのです。

しかし視力が下がったことの原因として、何かの眼病があるといったことも重複的に起きている場合もあります。

この可能性を調べるために念のためはじめてのメガネではメガネ屋でなく眼科の処方箋を元に作るべきとなります。

 

参照

ここが違う!眼科とメガネ屋での検眼や視力検査

 

どうしても眼科の処方箋の費用が出ない

 

しかしメガネももともと高いわけですし、またそれに処方箋も必要となれば支払いがどうしても苦しいという場合もあるかと思います。

その場合にはとりあえずメガネ屋でメガネを作るとしても、その後異常を感じれば眼科に行くようにしてください。

 

参照

メガネの処方箋の料金はいくら?眼科はもったいない?

 

眼科の処方箋からメガネ作りまでのおすすめの流れ

 

眼科の処方箋を受け取り、そのまま

 

  • 眼科内のメガネ屋
  • 眼科と提携しているメガネ屋

 

においてメガネを作るということもできます。

眼科によってはこの方法を強く勧められることもありますが、このデメリットは好きなフレームになりにくいということです。

ですのでおすすめとしては

 

  • 眼科の処方箋を受け取る
  • 後でお気に入りのメガネ屋で処方箋を元にメガネを作る

 

というものになります。

処方箋を元に作る場合、メガネ屋はその処方箋がちょっと内容的におかしいと思ったときでさえもそのまま作る傾向があります。

そのため処方箋が無視されるといったことはまずないと考えて良いです。

メガネの品質を考えれば予算は3万程度のメガネにしていくと良いでしょう。

それよりも安いメガネもありますが、フレームの型崩れも起こるのが早く寿命が短くなることがデメリットとなります。

ただし3年程度で買い替えを考えていればここまで高いメガネにしなくても問題ないといえます。

ちなみにメガネ屋をどこにすれば良いのかも以下のページで解説をしています。

 

参照

メガネの価格、値段に違いがある原因!レンズとフレームの品質の違い

知っていますか?メガネには本当は寿命があること

格安メガネ店が危険な理由!検眼からフィッティングまでのメガネ作成の違い

 

眼科の処方箋と似合うメガネの選び方

 

上記のようにそのまま眼科でメガネを作ると似合わない、気に入らないメガネとなってしまう可能性は割と高くなります。

似合うメガネの選び方というのは

 

  • 顔の形とフレームの形とで似合う法則を知る
  • 顔色とフレーム色とで似合う法則を知る

 

参照

人生を変える似合うメガネを見つけるたった1つの方法

メガネフレームの似合う色の選び方!男女、服装別に解説

 

といったことが重要となります。

特にこの2つのページの内容は知っている人は少ないですし、購入前には絶対に知っておいて欲しい内容となります。

購入前には必ず目を通しておいて欲しい内容となっています。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ