どこまでが無料?メガネの鼻パッド交換、調整、修理、調節

 

メガネは鼻あてがありますが、痛くなったり、落ちやすくなったり、また汚れたりとしやすい箇所といえます。

鼻あての部分は洗浄、交換などアフターサービスの内容がメガネ屋によって違いますし、その費用も変わってきます。

基本的に格安メガネ屋は無料サービスが少ないということになっています。

 

メガネの鼻あてのフィッティング調整は無料?

 

メガネにおいて鼻、耳、こめかみといった部分のフレームについてはトラブルが多い箇所となります。

 

  • 痛い
  • 気分が悪くなる
  • 鼻の皮膚がへこむ、跡が残る

 

通常このような場合に購入したメガネ屋に行きフィッティングといって調整してもらうことも無料となります。

 

参照

鼻が痛い原因とは?鼻が痛くならないメガネの条件

メガネで耳が痛い!その原因と対策方法を解説

 

メガネの鼻パッド交換は無料?

 

メガネの鼻パッドは肌につく部分でもありますし、定期的に交換するような仕様ともなっています。

金属系フレームですと緑青といって鼻パッドが緑色の錆を出すこともあります。

 

参照

鼻パッドに緑色の汚れ!緑青を劇的にきれいに落とす方法

 

この緑青も以下のページに自分で何とかきれいにする方法を紹介していますが、結論からいいますと鼻パッド自体を交換してしまうほうが早いと思います。

自分で鼻パッドの交換もできなくもありませんが、通常アフターサービスのしっかりとしたメガネ屋ではこの鼻パッドの交換は無料でしてくれます。

ただし全国展開しているようなメガネチェーンであっても鼻パッドについて

 

  • なかなか交換してくれない
  • 交換をしてくれるとしても有料

 

といったようなところもあります。

格安のメガネ屋では購入時の値段にアフターサービスの費用が入っていませんので、このような料金体系となっています。

 

参照

ここまで違う!メガネ屋による購入後の無料と有料メンテナンスや修理

格安メガネ店が危険な理由!検眼からフィッティングまでのメガネ作成の違い

 

メガネの鼻パッドをシリコンに交換したい

 

鼻はメガネでも負担のかかりやすい箇所で、跡が残ったり、痛みが出ることもあります。

耳にも似たような痛みが出る場合もありますが、この対策としてシリコンを使用するということがあります。

たとえば鼻だとシリコン製の鼻パッドへの交換ですが、これもメガネ屋によっては無料で交換してくれる場合もあります。

 

メガネの鼻かけのネジが取れたときの修理費用は?

 

鼻パッドをよく見れば小さなネジで装着されていることがわかります。

このネジも

 

  • ネジが取れて鼻かけも取れる
  • ネジを紛失してしまう

 

というようなことになる場合もあります。

通常はこのネジの紛失でも新しいネジを用意し、かつそのネジで鼻パッドを再びつけるということも無料であることが多いです。

 

メガネの鼻かけの修理は有料?どの程度の費用?

 

上記の無料の話は鼻パッドといって樹脂のような透明な部分の交換の話です。

鼻パッドはフレームから伸びていて、フレームから鼻パッドに伸びるフレームの部分があります。

この鼻かけ、鼻あての部分が取れたり、故障してしまうとロー付けによる修理となります。

 

  • 費用 5000円前後
  • 日数 10日前後

 

というような費用もかかります。

この修理は通常よほどアフターサービスに力を入れているところでも有料というところが多いと思います。

 

メガネの鼻あての修理とメガネ屋の選び方

 

鼻あての修理で上記のように通常無料というようなサービスでも

 

  • できない
  • していない

 

などといわれるような場合もあります。

この理由としてはいくつか考えられますが、

 

  • そのメガネ屋自体に技術がない
  • アルバイト店員ばかりで担当できる人がいない

 

といったことも考えられます。

この場合、別のちゃんとしたメガネ屋に相談するのも1つの方法ですが、それでも断られてしまう場合もあります。

 

  • やはり技術がない
  • 多少難しい修理なので壊れることもあり、その場合には責任が持てない

 

といったこともあります。

メガネ屋には保証というものがあり、修理してあげたくてももし壊せばどうにもならないということで他店のメガネ修理を断る場合もあるということです。

メガネ屋は

 

  • 大手チェーンでも格安で売ることを中心に展開している
  • 値段はそこそこでも売ることともにアフターサービスにも注力している
  • 地元のメガネ屋で地域密着での展開をしている

 

というような分類になっています。

購入時に安いメガネというのは品質も良くないということもあり、また後々アフターサービスの質ということでもそれなりに困ることもあるということがいえます。

上記に無料か有料かの基準を記載しましたが、売ることを中心に展開している大手チェーンでも無料でなく有料であったり、また技術的にできないと断られることもあります。

<スポンサード リンク>



メガネ通販最大手のSmartBuyGlasses。
世界のブランドを数多く扱い、70000点以上のメガネがあります。
メガネのデザインを重視する人には特におすすめです。
⇒ SmartBuyGlassesの評判と口コミ